passport

パスポートの取得

パスポートには有効期限が5年のものと10年のものがあります。 (20歳未満は5年用しか申請できません) 申請は居住登録している居住地の都道府県の旅券課やパスポートセンターで行います。

LINEで送る
Pocket



このページの目次



必要書類


①一般旅券発給申請書    1通

一般旅券発給申請書は、パスポート申請窓口で入手できます。
5年有効なパスポート申請用と10年有効なパスポート申請用の2種類に分けられていますので、
自分が申請する年数のものと間違えないようにしましょう。

②戸籍謄本(または戸籍抄本) 1通

戸籍謄本は、申請日前6カ月以内に作成されたものが必要です。

③住民票の写し        1通

住民票の写しは、申請日前6カ月以内に作成されたものが必要です。

④写真            1枚

写真は、申請日前6カ月以内に撮影された縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なしで、
無背景(薄い色)の写真が必要です。無帽で正面を向いたもので、頭頂からあごまでが34±2mmであるなど申請書に記載されている規格を満たしていることが必要です。

⑤申請者本人に間違いないことを確認できる書類
(有効期限内の書類の原本に限ります)

●1点で良い書類
運転免許証、船員手帳、写真付き住基カード

●2点必要な書類(上記の書類がない場合)
AとBの各1点、又はAから2点を提示して下さい。

A 健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、後期高齢者医療被保険者証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書、船員保険年金証書、恩給証書、共済年金証書、印鑑登録証明書(この場合は登録した印鑑も必要です)

B 次の内写真が貼ってあるもの
学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書




申請


必要書類をすべてそろえて、住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請して下さい。
申請してからパスポートを受領するまでに、通常1週間程度(土・日・休日を除く)かかります。


●未成年者(20歳未満の未婚者)が申請する場合
申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者(父母又はそのいずれか一方)又は後見人が必ず署名します。
親権者又は後見人が遠隔地に在住し、申請書に署名ができない場合には、親権者本人又は後見人の署名のある同意書を提出します。
その他親権者又は後見人の署名を得ることができない事情がある場合には、都道府県旅券事務所に相談してください。


●申請書の代理提出について
申請者が配偶者、二親等以内の親族、その他の代理人に依頼して申請書を提出する場合も、申請書に申請者本人が記入しなければならない事項がありますので、本人記入の上、パスポート申請に必要な書類とともに各都道府県のパスポート申請窓口に提出して申請します。
代理人についても、本人確認書類が必要となりますので、持参してください。
代理人による提出が認められない場合もありますので、詳しくは各都道府県のパスポート申請窓口にご相談下さい。また、代理人による申請書提出を行った際、パスポート申請窓口において、申請者本人による確認を求められる場合には、申請者本人が窓口に出向くようにして下さい。




受取


パスポートを受け取る時には次のものを持って、本人が必ず交付(申請)窓口に行くようにします。

①申請の時に渡された受理票(受領証)


②手数料(必要額の収入証紙及び収入印紙を受領証に貼付して下さい)
発行手数料は5年用、12歳以上が11,000円、12歳以下で6,000円。
10年用が16,000円となっています。



LINEで送る
Pocket




旅行ガイドブックカテゴリ一覧

トップへ戻る